press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom

​みんなでつながるまちづくり

ジオラマ人形を配置し、身の周りのものを組み合わせることで見立てで街を作っていく。あえて精巧な作りのジオラマ人形を選択することで、その配置のみで50cmの机が500mほどの広大な地上に変化するような、空間とサイズの認識に焦点を当てる。導入用素材は用意するが、次第に会場にある周りのものや、床や壁、窓のへりなどの場へ広がるように促していく。子どもたちの興味の対象は自然に自分たちの生活圏へと入り込み、また日常空間に対する認識の変化をもたらすきっかけになる。